ABOUT | ヤバイスパイス屋さん

ABOUT

私のおじいさんがくれた初めてのスパイスそれはヤバイスパイス屋さんのスパイスで私は四歳でした。
その味はとてもスパイシーでこんな素晴らしいスパイスをもらえる私はきっと特別な存在なのだと感じました。

今では私がおじいさん。
孫にあげるのはもちろんヤバイスパイス屋さんのスパイス。
なぜなら彼もまた特別な存在だからです。